マイホームを長持ちさせるために外壁塗装の工事を依頼しました

建売住宅を購入して15年が経過したので、リフォームを行う事にしました。最初はダイニングキッチンの全面リフォームをしました。

システムキッチンの入れ替えを始め、壁や天井の全てを張り替えました。これは、建売住宅を購入した時から少し不満があったキッチンを優先的にリフォームさせてもらったものです。

室内では水回りを中心に少しづつ手を入れ、小規模なリフォームを何カ所か行いましたが、ダイニングキッチンのリフォームと並んで、大規模で費用を掛けたのが外壁塗装のリフォームです。

細かいクラックが入り、壁面を指でなぞると白い粉が着く状態で、塗膜が劣化していました。こうなると塗り替え時で、放置していると雨水が壁面から浸透して住宅の躯体を腐食させる恐れがあるので、他のリフォームは我慢して外壁工事を依頼しました。

外壁塗装のリフォームをするとなると、次にどこにお願いすべきか迷いました。自宅の外壁は、同時期に建てられら住宅よりも外観が綺麗な方で、クラックも大きなものはなく、住宅を建てた時に外壁塗装を担当した業者さんが良いのではと、主人と相談し、購入した不動産屋にその塗装業者さんを紹介してもらいました。

電話するとすぐに来てくださり、外壁の状態を確認し、打ち合わせをし、3日後には見積もり書を持参してくださいました。ネットで相場価格をチェックすると、決して高くはなく、信頼できるこの業者さんにお願いして施工してもらいました。

自宅の周囲には狭い路地もあり、足場を上手く組めるのだろうかと少し心配していましたが、さすがプロで狭い所にも上手に組まれており、感心しました。足場が組まれて2日目に塗装作業が始まりました。

業者さんは、それほど大きな会社ではなく、ご主人と従業員の2人で作業が進められました。高圧洗浄伊藤を利用して外壁の汚れを落とし、少し大きめのクラックにはパテで口を塞ぎ、その後に下塗りから3度の塗り工程が行われました。

薄いベージュ色の外壁はすがすがしく綺麗な出来栄えで、最後に雨どいを濃い茶色に塗って下さり、そのコントラストが一層新築同様の外観を感じさせてくれました。

その外観を見て、綺麗になった喜びと共に、これで終の棲家として長く住み続けられると思うと、ほっと安堵の気持ちも感じました。

今回は塗装業者さんがすごく良くて助かりました。外壁塗装工事はつくづく業者選びが大切だと痛感しました。

今回依頼した塗装業者はこのサイトで紹介していましたよ→外壁塗装札幌

もし、そろそろ塗り替えかな、と思ってる方は参考にしてくださいね。

タイル壁タイル床の浴室から、システムバスにリフォーム

築20年の我が家の浴室は、1.75坪でちょっと窮屈な上に、シャンプーやボディソープ、掃除用具も洗剤も、置き場が無いのです。

浴室は壁も床もタイルで、目地のカビがハイターでは取れなくなっていました。それに、シャワーの水圧がとても弱いのです。

屋根上のソーラーから降りてくるお湯をシャワーと連結させていたのですが、どうやらあちこち老朽化していることが原因のようでした。

我慢しながら使っていましたが、遂に決心!浴室のリフォームをお願いすることにしました。

 

打ち合わせが終わり、数日後に職人さんがやってきて、工事開始です。タイル壁や床、浴槽を壊して運び出されます。
狭いところで大変な作業だったと思います。

全部運び出したところで、今度は下地を整え、そこから完成するまでに約二週間かかるとのこと。
ということで二週間、我が家は滅多に行かない近場の温泉に通いつめました。

家族でお風呂に行き、出口で一緒にコーヒー牛乳。それもまた、楽しかったです。さて二週間後、リフォームは無事終了しました。

壁の一つだけ濃いチョコレート色にして、あとは壁も床も天井もバスタブも真っ白。ドアと壁の間に棚をはめ込んでもらい、収納力をアップしました。

観葉植物や、アロマも置けるよう、窓は出窓に変えてもらいました。ボタン一つでお湯張りができ、お湯張りが終わると音声メッセージで教えてくれます。

うっかりしてお湯が溢れるなんてこともなくなりました。灯油ボイラーもエコ給湯にチェンジしましたので、もう寒い冬の夜に慌てて灯油タンクに補充するなんてこともなくなります。

 

出窓にはグリーンとプルメリアの花、白いバスタブにはお湯が水色にゆらめきます。気分はすっかり、リゾート。シャワーの水圧も改善され、心地よいように調整できます。

何より、これまでよりずっとお湯が出てくるのが早い。これまでは、冷たい水がしばらく出て、なかなか適温のお湯が出てくれなかったのです。よくこんな不便な生活をしていたものだと、今更ながらに思います。

ただ、この美しさを維持するプレッシャーを感じざるをえません。おそらく鏡や、濃いチョコレート色の壁には、白いウロコ状の水垢が付着するのでしょう。

幸せなバスタイムが続くように、これからはお掃除を頑張ります。

お風呂周りのリフォームは洗濯物が楽に乾くようになる

先日お風呂場と洗面所をリフォームしました。

 

実はうちの家は街中にあるので、ベランダが狭く南向きでないから、ベランダに洗濯物を干してもしっかり乾かない事がほとんどです。

 

それに外に洗濯物を干すと、春先など花粉が多く飛びまわっている時期には家族の花粉症の症状が悪化するので、いつも部屋干ししていました。

 

でも、いつも洗濯物を部屋の中に干しているだけで生活観がにじみ出てしまうので、困っていました。

部屋干しだと場合によっては嫌なにおいがついたり、部屋の中が洗濯物だらけだと急に誰か遊びに来た時に部屋の中が散らかっている印象を与えてしまうので、いつも急な来客の時に洗濯物を片付けるのに大変なんです。

 

それで、お風呂場に浴室乾燥システムを設置する事にしました。

浴室乾燥機を天井に埋め込むリフォームですが、浴室乾燥システムにすると洗濯物を乾かせるだけでなく、ミストサウナ機能もついているので、美容と健康効果も期待できます。

 

洗面所は、お風呂の残り湯を活用して洗濯するために、お風呂のドアのすぐ隣に洗濯機を置くようにしました。

洗濯スペースやお風呂って毎日使う生活の要となる部分なので、お風呂と洗面所の機能性がリフォームによって高まった事によって、生活がずいぶんと楽になりましたよ。

 

これからお風呂で脱いだ洋服や使用したタオルなどの洗濯物を、洗面所で洗濯して2階のベランダに干すためにいちいち運ぶ必要がありません。

 

洗濯物を干す、取り込む、しまうといった作業がずいぶんと楽になりました。

お風呂場も浴室乾燥システムのおかげでカビが生えにくくなったので、掃除をする頻度も減らす事ができましたし。

 

洗濯物を外のベランダに干していると、花粉やほこりが付着するといったリスクもなくなってよかったです。

洗濯物が乾かないからと部屋干しする必要もなくなったので、部屋の中もいつお客さんが来てもOKなぐらいにきれいに片付ける事が出来ました。

 

家事が楽になった分、お風呂のミストサウナで全身をケアして美肌をキープしていこうと思います。

 

毎日頻繁に使用する水周りをリフォームして快適になりましたよ~。

元リフォーム会社営業マンが外壁塗装のコツと秘密を紹介します

このサイトでは、元リフォーム会社で営業マンだった僕が、失敗しない外壁塗装のコツと業者だけしか知らない秘密を紹介します。

 

聞いたことあるかもしれませんが、外壁塗装ほど手抜きしやすい工事はないといわれています。なぜなら素人目に見て、工事直後の外壁塗装の状態はわかりづらく、半年から数年後に手抜き工事であったことが判明するのです。

 

で、あわててリフォーム会社に電話をしてみると、もぬけの殻で電話はつながらない・・・なんてことがよくあります。

 

なので、そんな失敗をすることなく、どうすれば優良な塗装業者を見つけることができるのか、また悪徳業者の見分け方も紹介していきます。

 

外壁工事は10年に1度くらいの頻度なので、あまり情報もなく訪問営業にうまいこといわれて相場より高い金額で契約してしまうことがよくあります。

 

決して安い買い物ではないので、失敗だけはしないようにこのサイトでポイントをいくつか紹介していきたいと思います。