外壁塗装を早めにやれば、家はキレイで長持ちしますよ

早めの外壁塗装で家をキレイに保つ

日頃は朝出勤して夜帰宅するという生活を続けているので、自宅での滞在時間は短く、自ずと家に関する関心も薄れていました。

でも狭いながらも花を植え込んでいる庭の草むしりを週末に手伝っていると、外壁に小さなひびがいくつかあることに気付きました。

確かに注文住宅を建ててからすでに15年ほど経過していたので、風雨にさらされる外壁は傷んできたのだろうと年月を感じました。

と同時にこれ以上の傷みが進行して後手に回らない間に対策をしようと、注文住宅を建ててもらった工務店に連絡をしました。

この年月の期間で工務店でも代替わりがあり、息子さんにゆずるようになっていました。

それでもかねてからの付き合いのある現会長も来てくださり、安心できる状況で外壁塗装に話が着々と進んでいきました。

外壁塗装をこの工務店に任せようと即断したのは、注文住宅として建てた工務店でしたし、その後も些細なことでもすぐに駆けつけて対応してくれていたからです。

その時々の仕事ぶりをよく見ていたので、仕事内容に十分に信頼を持てていました。もちろん外壁塗装の品質だけでなく、工事の金額もあえて他社の見積もりはとっていませんが、建築関係の仕事をしている方たちからすると妥当な金額だというので、気持ちよく工事をしてもらうことができています。

やはり年月とともにひびができはじめていただけでなく、発色も悪くなり出していたことが色見本で比べるとよくわかりました。

閑静な住宅街なので、突飛な色使いの外壁は調和を乱してしまいます。以前とほぼ同様のクリーム色を貴重にしながら、一部を木目を意識した配色でメリハリを付けてもらうことにしました。

注文住宅の築年数はそれなりに経過してきました。それでも気になるところはこまめに修理をして、今回のように後手に回らぬように外壁塗装もしているので、まだまだ見た目には新築に近い価値が保てています。

何よりも住むものとしていい住まいに住んでいるという実感を外壁塗装を終えていっそうするようになりました。

仙台にある弟の自宅の浴室をタイルの張り替えリフォーム

僕の弟は仙台に住んでいるんですが、新築で購入した建売住宅も15年もすれば、色々とリフォームの必要性が生じるものですね。

弟から先日リフォームについて聞いた話を紹介しますね。

室内では水回りがやはり汚れたり、傷んだりしやすいもので、そうした箇所を設備の入れ替えを含めて順次リフォームしたらしいんです。

その1つである浴室は、床タイルの張り替えと、浴槽周辺のシーリングの張り替えを業者さんにお願いたとのこと。

弟の家の浴室は、床に正方形のタイルが張られ、壁面は下半分が床面より大きな正方形のタイル張りで、壁面の上半分と天井は白いモルタルと言う構造です。そこにステンレスの浴槽が設置されています。

洗い場となる床のタイルは、安物だったためか、目地に近い周辺がすり減ったり、欠けたり、傷みがひどく、目地の黒カビも中々落ちず汚れていました。

また同じ様にタイルが傷まない様に、摩耗やチッピングが起こりにくい少し上等なタイルを張ってもらいました。

目地も黒カビの汚れが目立たない様に、グレーにしてもらいました。さらに、浴槽の周囲のシーリング剤の白い所に黒カビが生えて何度掃除しても落ちないため、一旦全部剥がしてこれも新しくしてもらいました。

浴槽に浸かって1日の疲れを取る時、周囲を見渡して何となく汚れが目立つのは効果が半減する気がしたものです。しかしこのリフォームをした事で、気持ち良く入浴できる様になりますね。

ところがある日、弟がじっくり見ると壁のモルタルにも細かいクラックが走っているのに気付きました。

側壁の塗装程度ならDIYで行った方が安上がりなので、自分で作業したらしいです。

最初に細かいクラックをパテで塞ぎ、乾燥後に紙やすりを掛けて平坦にし、塗るとまずい箇所に養生テープを貼り、ローラーと刷毛を使って白色の浴室用水性塗料を塗ります。

白さが増すと、さらに浴室は美しさを増した感じがします。塗料を塗っても、黒カビが生えると次第に汚くなり、3年に1回程度は塗り替えが必要との事ですが、この浴室の壁の塗装だけはDIYで頑張り続けようと思っています。

リフォームには何かと費用が掛かります。主なリフォームは専門家に頼るべきでしょうが、DIYで可能な所は自分でやるのも楽しくて良いものですね。

ただ、弟に聞くところによると、家の中のリフォームだけではなく、外壁塗装も剥げて来たりヒビが入っているみたいなんです。

外壁塗装工事はDIYという訳にはいかず、専門の塗装業者に依頼しなくてはいけません。仙台の塗装業者でどこがおすすめかを聞かれたので、参考になるサイトを紹介しておきましたよ。

この「仙台の外壁塗装※安心で安いおすすめの塗装業者は?」です。

外壁工事は手抜きがしやすくて、悪徳業者も多く存在するらしいです。上記のサイトでおすすめしているサービスを利用すれば、優良な業者から複数の見積もりがもらえるので比較して、いちばん安く工事をすることができます。

仙台で外壁塗装工事をしようかと思っている人は、いちどチェックしておくと良いですよ。

リビングの畳をフローリングに土台も補強してもらって満足です

リビングの畳をフローリングにリフォーム

我が家がリフォームをしようと考えたのは、中古の家を買い、その家のリビングが畳だったからです。我が家は冬は炬燵を出しますが、夏はテーブルに替えます。その為、テーブルの足が畳みを傷めるので畳替えも普通より頻繁になりそうだったからです。

住み始めて数年はそのまま畳にテーブルを置いて使っていましたが、下にマットを敷いても、やはりマットがずれたりしていました。
おまけに、部屋の端は、畳と隣の部屋との間のレールとの間が空いていて、冬はそこから積みたい風がスースー入って来て困りました。

どうやら中古なので断熱材も現在程使っていないか、断熱材自体が下の方に落ちてしまっているのか、いくら木造の家でも寒すぎない?という感じでした。うちはガスストーブを使っているので、ストーブを点ければすぐ温まるのですが、朝一番は泣きたくなる程寒いのです。

そこで、夫の親戚に1級建築士がいたので、その人に実際にリビングを見てもらい、大工さんを派遣してもらいました。

まず、畳を取り除きます。畳の下は傷んではいなかったけれど、大工さんはその時築17,8年経っていたので、フローリングの板を敷く前に補強してくれました。
「少々飛び跳ねても大丈夫ですよ」と請け合ってくれて嬉しかったです。

明るめの茶色で、ワックス掛けが要らないツヤのある良い材料を使ってくれました。
その所為か、作業が終わると部屋が急に明るくなりました。それまでも南向きの部屋だったのですが、畳の古さからなのかそんなに明るいとは思わなかったのですが、新築の家の様でした。

そして、明るいので部屋も広く見えるようになり、また、土台を補強してくれたので、私がその頃流行っていたビリーズブートキャンプをしても大丈夫。畳の様に子供がジャンプしたら家具が揺れるようなこともなくなりました。

また、床材をきっちり敷き詰め、床と壁の堺にはコーキング剤を塗ってくれたので、隙間風ももうありません。暖房費もそれまでより掛からなくなったと思います。

リフォームは信頼出来る業者だろうか、価格は正当だろうかと心配だと思います。でも、ここをこうしたいと願うなら3~4社から見積もりを取り、口コミ等も参考にして行うと良いと思います。

我が家のリフォームは小さなものでしたが、場所が家族が集まるリビングだっただけに、家全体が新しくなったようで、子供達も喜んでいました。

庭の芝刈りが大変になりリフォームした

自宅の中に、緑があるととても安らぎます。そのため、新築をする時に私の家も芝生にすることにしました。

芝生というのは、新築の時に必ずしたいと思っていたのです。その夢を叶えることができて、とても幸せでした。緑を毎日見ることができて、ちょっと優雅な気分です。

だた、優雅な気分とは裏腹に、芝生の手入れが大変ということに気づいたのです。

芝生は、どんどん伸びてしまいます。そして芝生の間にいろいろな雑草が生えてしまうので、それを取ることも必要なのです。

座り込んで芝刈りしていたのですが、体力を相当つかいます。梅雨の時などは、芝の処理ができずにしばらくほったらかしにすると、その後がとても大変でした。

夏の芝刈りは、暑くて倒れそうになることがあります。そのため、いつまでこんなことができるのだろうと不安になったのです。

その結果、手入れにストレスを感じるようになったので芝生をしなくても良いリフォームをしてもらうことにしました。

庭の手入れを一切しないで良い、そんなリフォームです。芝生のところにタイルを敷き詰めてもらうことにしました。

リフォーム業者に見積もりを依頼して、イメージ画像を見たらとてもイイ感じでできそうです。これだったら、芝生がなくても大丈夫と思える、そんな感じでした。

そこで実際に、リフォーム会社へ正式に工事を依頼をしたのです。スムーズな作業で、10日間ぐらいでリフォームが終了しました。

出来上がり見ると、まるで異国にいるようなとても素敵な仕上がりになっています。
イタリアやオランダ風のタイル仕立てとなっていて、見ていてリラックスできます。

そしてなによりも、これからは一切手入れをしなくてもいいと思うと、それだけで大満足です。

若い時はいいと思った芝生も、年を重ねると変えることも必要ですね。今回は、迷ったのですが一気に決断して見て、とても良かったと思っています。

浜松の友人宅が、新築に迫る大規模リフォームで素晴しい出来栄えに!

浜松に住んでいる、友人のリフォーム体験談を話を紹介したいと思います。

元々、友人は結婚したら、両親の住んでいる隣町に、家を購入してと言うプランがあったそうですた。

近過ぎるのも嫌だったのですが、何か両親にあった時に、飛んで行けないほど遠い場所に家を構えるのも無慈悲だなと思ったみたいです。

友人は結婚して3年目の時、友人のお母さんが彼の賃貸マンションに来て、父が交通事故で、実家の支払いの目処が経たなくなり、実家を手放さなくては行けない。だから助けてほしいと懇願されたみたいです。

助けてほしいと言われても、その時友人にはお金もありませんでした。ただ、数年後には家を購入するプランがあった友人は思い切って奥さんに相談したらしんです。

今の実家に一緒に住むのはお互いにストレスが掛かる。かと言って、二世帯に建て替える程のお金もない。でも実家は守りたい。

どうすればいいのかとネットを調べていたら、二世帯新居をリフォームで実現出来ると言うサイトにたどり着いたそうです。

しかも、建て替え費用の半分で大丈夫という条件でした。

彼はその時は半信半疑でした。そんなうまい話があるのかと。ただリフォームの知識がなかった彼は本屋に行き、今のリフォーム技術についての本を2冊ほど購入し、読んでいく中で、本当に実現出来ると言う事が分かったそうです。

その後は、業者選びです。部分リフォームではなく、大規模リフォームにたけている業者を探し、見つけて見積もりを出してもらったそうです。

彼の両親が引っ越す必要もなく、家の3分の2をリフォームするという内容でした。

1階のトイレ以外はそのままで、庭を削って増築し、2階は全てリフォームと言う内容でした。

リフォームの予想完成図を見て、実際の打合せの中での間取りプランのチョイスやコンセントの数、そして壁紙の種類、玄関の形と、殆ど建て替えの流れと一緒でした。

施工開始から完成まで、約3か月かかったそうです。外観は昔の家を思い出せないほど、キレイに変わっていました。

私も見させてもらったんですが、内装も新築同然で素晴らしかったのと同時に、ここまでリフォームで出来てしまうのかと思いました。

今までは家を購入する場合は建て売りか新築の二択だったのに対し、そこにリフォームを入れての三択になるのだろうと思っています。

こんかいは内装のリフォームだったんですが、近いうちに外壁塗装もしたいそうです。リフォームは業者選びが大切だと心底思ったらしく、外壁塗装も信頼できる業者に依頼しなきゃ、と友人は言ってました。

なので、私はこの「浜松市の安くて安心の塗装業者を紹介」してくれるサイトを教えておきました。

地元浜松で、厳しい審査に合格した優良な塗装業者だけが提携しているので、安心して外壁塗装を依頼することができます。

それと、見積もりは複数の業者からもらえるので価格を比較することができます。いますぐってわけではないみたいですが、友人は喜んでくれましたよ。

浜松で外壁塗装を検討している方は、ぜひ参考にしてくださいね。

築20年の自宅を壁紙リフォームして気持ちがいいです

私の家は、築20年になり、新築のときは、とても気持ちよく使うことができていました。

でも、家も20年も経つといろいろなところに問題が出てきますね。一度に全てを直すことは経費的に無理なので、いま一番直したい箇所について、リフォームを考えてみることにしました。

その結果、壁紙をリフォームしようと思ったんです。至るところの壁紙が、子供が剥がしたり汚れていたりしてとんでもない状態になっています。

ほかの人に見られたら、すごく恥ずかしい・・・

このままじゃ、お客さんを自宅に呼ぶことができないレベルです。

そこで壁紙のリフォームを決意することにしたのです。場所は、リビングとキッチン、洗面所とトイレです。

で、どこのリフォーム会社に工事を依頼をしようかなと悩むところがありました。悩んだあげく、自宅を建ててもらったハウスメーカーに見積もりを依頼をすることにしたのです。

でも一社だけの見積もりでは、価格が高いかも知れないと思って、別のところにも相見積もりをしました。

合計3社の見積もりを検討した結果、最初に依頼したハウスメーカーに工事をお願いをすることにしました。

その理由としては、えらべる壁紙の種類が多かったということです。

いろいろな壁紙を検討したいと思っていたので、それを重視することにしました。

壁紙の工事はまるまる一日で終了して、すごくキレイになって家がよみがえりました。

それからの生活は、とても快適に過ごすことができています。

特にリビングは、爽やかな感じになりとても満足しています。

トイレは、抗菌仕様の壁紙にしたのでその点でも満足ですね。匂いを抑える事が出来るらしいし、抗菌というのは嬉しいですね。

リフォームをすると気持ちが明るくなります。今度は、どこを直そうかと考えているところです。

マイホームを長持ちさせるために外壁塗装の工事を依頼しました

建売住宅を購入して15年が経過したので、リフォームを行う事にしました。最初はダイニングキッチンの全面リフォームをしました。

システムキッチンの入れ替えを始め、壁や天井の全てを張り替えました。これは、建売住宅を購入した時から少し不満があったキッチンを優先的にリフォームさせてもらったものです。

室内では水回りを中心に少しづつ手を入れ、小規模なリフォームを何カ所か行いましたが、ダイニングキッチンのリフォームと並んで、大規模で費用を掛けたのが外壁塗装のリフォームです。

細かいクラックが入り、壁面を指でなぞると白い粉が着く状態で、塗膜が劣化していました。こうなると塗り替え時で、放置していると雨水が壁面から浸透して住宅の躯体を腐食させる恐れがあるので、他のリフォームは我慢して外壁工事を依頼しました。

外壁塗装のリフォームをするとなると、次にどこにお願いすべきか迷いました。自宅の外壁は、同時期に建てられら住宅よりも外観が綺麗な方で、クラックも大きなものはなく、住宅を建てた時に外壁塗装を担当した業者さんが良いのではと、主人と相談し、購入した不動産屋にその塗装業者さんを紹介してもらいました。

電話するとすぐに来てくださり、外壁の状態を確認し、打ち合わせをし、3日後には見積もり書を持参してくださいました。ネットで相場価格をチェックすると、決して高くはなく、信頼できるこの業者さんにお願いして施工してもらいました。

自宅の周囲には狭い路地もあり、足場を上手く組めるのだろうかと少し心配していましたが、さすがプロで狭い所にも上手に組まれており、感心しました。足場が組まれて2日目に塗装作業が始まりました。

業者さんは、それほど大きな会社ではなく、ご主人と従業員の2人で作業が進められました。高圧洗浄伊藤を利用して外壁の汚れを落とし、少し大きめのクラックにはパテで口を塞ぎ、その後に下塗りから3度の塗り工程が行われました。

薄いベージュ色の外壁はすがすがしく綺麗な出来栄えで、最後に雨どいを濃い茶色に塗って下さり、そのコントラストが一層新築同様の外観を感じさせてくれました。

その外観を見て、綺麗になった喜びと共に、これで終の棲家として長く住み続けられると思うと、ほっと安堵の気持ちも感じました。

今回は塗装業者さんがすごく良くて助かりました。外壁塗装工事はつくづく業者選びが大切だと痛感しました。

今回依頼した塗装業者はこのサイトで紹介していましたよ→外壁塗装札幌

もし、そろそろ塗り替えかな、と思ってる方は参考にしてくださいね。

タイル壁タイル床の浴室から、システムバスにリフォーム

築20年の我が家の浴室は、1.75坪でちょっと窮屈な上に、シャンプーやボディソープ、掃除用具も洗剤も、置き場が無いのです。

浴室は壁も床もタイルで、目地のカビがハイターでは取れなくなっていました。それに、シャワーの水圧がとても弱いのです。

屋根上のソーラーから降りてくるお湯をシャワーと連結させていたのですが、どうやらあちこち老朽化していることが原因のようでした。

我慢しながら使っていましたが、遂に決心!浴室のリフォームをお願いすることにしました。

 

打ち合わせが終わり、数日後に職人さんがやってきて、工事開始です。タイル壁や床、浴槽を壊して運び出されます。
狭いところで大変な作業だったと思います。

全部運び出したところで、今度は下地を整え、そこから完成するまでに約二週間かかるとのこと。
ということで二週間、我が家は滅多に行かない近場の温泉に通いつめました。

家族でお風呂に行き、出口で一緒にコーヒー牛乳。それもまた、楽しかったです。さて二週間後、リフォームは無事終了しました。

壁の一つだけ濃いチョコレート色にして、あとは壁も床も天井もバスタブも真っ白。ドアと壁の間に棚をはめ込んでもらい、収納力をアップしました。

観葉植物や、アロマも置けるよう、窓は出窓に変えてもらいました。ボタン一つでお湯張りができ、お湯張りが終わると音声メッセージで教えてくれます。

うっかりしてお湯が溢れるなんてこともなくなりました。灯油ボイラーもエコ給湯にチェンジしましたので、もう寒い冬の夜に慌てて灯油タンクに補充するなんてこともなくなります。

 

出窓にはグリーンとプルメリアの花、白いバスタブにはお湯が水色にゆらめきます。気分はすっかり、リゾート。シャワーの水圧も改善され、心地よいように調整できます。

何より、これまでよりずっとお湯が出てくるのが早い。これまでは、冷たい水がしばらく出て、なかなか適温のお湯が出てくれなかったのです。よくこんな不便な生活をしていたものだと、今更ながらに思います。

ただ、この美しさを維持するプレッシャーを感じざるをえません。おそらく鏡や、濃いチョコレート色の壁には、白いウロコ状の水垢が付着するのでしょう。

幸せなバスタイムが続くように、これからはお掃除を頑張ります。

お風呂周りのリフォームは洗濯物が楽に乾くようになる

先日お風呂場と洗面所をリフォームしました。

 

実はうちの家は街中にあるので、ベランダが狭く南向きでないから、ベランダに洗濯物を干してもしっかり乾かない事がほとんどです。

 

それに外に洗濯物を干すと、春先など花粉が多く飛びまわっている時期には家族の花粉症の症状が悪化するので、いつも部屋干ししていました。

 

でも、いつも洗濯物を部屋の中に干しているだけで生活観がにじみ出てしまうので、困っていました。

部屋干しだと場合によっては嫌なにおいがついたり、部屋の中が洗濯物だらけだと急に誰か遊びに来た時に部屋の中が散らかっている印象を与えてしまうので、いつも急な来客の時に洗濯物を片付けるのに大変なんです。

 

それで、お風呂場に浴室乾燥システムを設置する事にしました。

浴室乾燥機を天井に埋め込むリフォームですが、浴室乾燥システムにすると洗濯物を乾かせるだけでなく、ミストサウナ機能もついているので、美容と健康効果も期待できます。

 

洗面所は、お風呂の残り湯を活用して洗濯するために、お風呂のドアのすぐ隣に洗濯機を置くようにしました。

洗濯スペースやお風呂って毎日使う生活の要となる部分なので、お風呂と洗面所の機能性がリフォームによって高まった事によって、生活がずいぶんと楽になりましたよ。

 

これからお風呂で脱いだ洋服や使用したタオルなどの洗濯物を、洗面所で洗濯して2階のベランダに干すためにいちいち運ぶ必要がありません。

 

洗濯物を干す、取り込む、しまうといった作業がずいぶんと楽になりました。

お風呂場も浴室乾燥システムのおかげでカビが生えにくくなったので、掃除をする頻度も減らす事ができましたし。

 

洗濯物を外のベランダに干していると、花粉やほこりが付着するといったリスクもなくなってよかったです。

洗濯物が乾かないからと部屋干しする必要もなくなったので、部屋の中もいつお客さんが来てもOKなぐらいにきれいに片付ける事が出来ました。

 

家事が楽になった分、お風呂のミストサウナで全身をケアして美肌をキープしていこうと思います。

 

毎日頻繁に使用する水周りをリフォームして快適になりましたよ~。

元リフォーム会社営業マンが外壁塗装のコツと秘密を紹介します

このサイトでは、元リフォーム会社で営業マンだった僕が、失敗しない外壁塗装のコツと業者だけしか知らない秘密を紹介します。

 

聞いたことあるかもしれませんが、外壁塗装ほど手抜きしやすい工事はないといわれています。なぜなら素人目に見て、工事直後の外壁塗装の状態はわかりづらく、半年から数年後に手抜き工事であったことが判明するのです。

 

で、あわててリフォーム会社に電話をしてみると、もぬけの殻で電話はつながらない・・・なんてことがよくあります。

 

なので、そんな失敗をすることなく、どうすれば優良な塗装業者を見つけることができるのか、また悪徳業者の見分け方も紹介していきます。

 

外壁工事は10年に1度くらいの頻度なので、あまり情報もなく訪問営業にうまいこといわれて相場より高い金額で契約してしまうことがよくあります。

 

決して安い買い物ではないので、失敗だけはしないようにこのサイトでポイントをいくつか紹介していきたいと思います。