外壁塗装を早めにやれば、家はキレイで長持ちしますよ

早めの外壁塗装で家をキレイに保つ

日頃は朝出勤して夜帰宅するという生活を続けているので、自宅での滞在時間は短く、自ずと家に関する関心も薄れていました。

でも狭いながらも花を植え込んでいる庭の草むしりを週末に手伝っていると、外壁に小さなひびがいくつかあることに気付きました。

確かに注文住宅を建ててからすでに15年ほど経過していたので、風雨にさらされる外壁は傷んできたのだろうと年月を感じました。

と同時にこれ以上の傷みが進行して後手に回らない間に対策をしようと、注文住宅を建ててもらった工務店に連絡をしました。

この年月の期間で工務店でも代替わりがあり、息子さんにゆずるようになっていました。

それでもかねてからの付き合いのある現会長も来てくださり、安心できる状況で外壁塗装に話が着々と進んでいきました。

外壁塗装をこの工務店に任せようと即断したのは、注文住宅として建てた工務店でしたし、その後も些細なことでもすぐに駆けつけて対応してくれていたからです。

その時々の仕事ぶりをよく見ていたので、仕事内容に十分に信頼を持てていました。もちろん外壁塗装の品質だけでなく、工事の金額もあえて他社の見積もりはとっていませんが、建築関係の仕事をしている方たちからすると妥当な金額だというので、気持ちよく工事をしてもらうことができています。

やはり年月とともにひびができはじめていただけでなく、発色も悪くなり出していたことが色見本で比べるとよくわかりました。

閑静な住宅街なので、突飛な色使いの外壁は調和を乱してしまいます。以前とほぼ同様のクリーム色を貴重にしながら、一部を木目を意識した配色でメリハリを付けてもらうことにしました。

注文住宅の築年数はそれなりに経過してきました。それでも気になるところはこまめに修理をして、今回のように後手に回らぬように外壁塗装もしているので、まだまだ見た目には新築に近い価値が保てています。

何よりも住むものとしていい住まいに住んでいるという実感を外壁塗装を終えていっそうするようになりました。

マイホームを長持ちさせるために外壁塗装の工事を依頼しました

建売住宅を購入して15年が経過したので、リフォームを行う事にしました。最初はダイニングキッチンの全面リフォームをしました。

システムキッチンの入れ替えを始め、壁や天井の全てを張り替えました。これは、建売住宅を購入した時から少し不満があったキッチンを優先的にリフォームさせてもらったものです。

室内では水回りを中心に少しづつ手を入れ、小規模なリフォームを何カ所か行いましたが、ダイニングキッチンのリフォームと並んで、大規模で費用を掛けたのが外壁塗装のリフォームです。

細かいクラックが入り、壁面を指でなぞると白い粉が着く状態で、塗膜が劣化していました。こうなると塗り替え時で、放置していると雨水が壁面から浸透して住宅の躯体を腐食させる恐れがあるので、他のリフォームは我慢して外壁工事を依頼しました。

外壁塗装のリフォームをするとなると、次にどこにお願いすべきか迷いました。自宅の外壁は、同時期に建てられら住宅よりも外観が綺麗な方で、クラックも大きなものはなく、住宅を建てた時に外壁塗装を担当した業者さんが良いのではと、主人と相談し、購入した不動産屋にその塗装業者さんを紹介してもらいました。

電話するとすぐに来てくださり、外壁の状態を確認し、打ち合わせをし、3日後には見積もり書を持参してくださいました。ネットで相場価格をチェックすると、決して高くはなく、信頼できるこの業者さんにお願いして施工してもらいました。

自宅の周囲には狭い路地もあり、足場を上手く組めるのだろうかと少し心配していましたが、さすがプロで狭い所にも上手に組まれており、感心しました。足場が組まれて2日目に塗装作業が始まりました。

業者さんは、それほど大きな会社ではなく、ご主人と従業員の2人で作業が進められました。高圧洗浄伊藤を利用して外壁の汚れを落とし、少し大きめのクラックにはパテで口を塞ぎ、その後に下塗りから3度の塗り工程が行われました。

薄いベージュ色の外壁はすがすがしく綺麗な出来栄えで、最後に雨どいを濃い茶色に塗って下さり、そのコントラストが一層新築同様の外観を感じさせてくれました。

その外観を見て、綺麗になった喜びと共に、これで終の棲家として長く住み続けられると思うと、ほっと安堵の気持ちも感じました。

今回は塗装業者さんがすごく良くて助かりました。外壁塗装工事はつくづく業者選びが大切だと痛感しました。

今回依頼した塗装業者はこのサイトで紹介していましたよ→外壁塗装札幌

もし、そろそろ塗り替えかな、と思ってる方は参考にしてくださいね。