外壁塗装を早めにやれば、家はキレイで長持ちしますよ

早めの外壁塗装で家をキレイに保つ

日頃は朝出勤して夜帰宅するという生活を続けているので、自宅での滞在時間は短く、自ずと家に関する関心も薄れていました。

でも狭いながらも花を植え込んでいる庭の草むしりを週末に手伝っていると、外壁に小さなひびがいくつかあることに気付きました。

確かに注文住宅を建ててからすでに15年ほど経過していたので、風雨にさらされる外壁は傷んできたのだろうと年月を感じました。

と同時にこれ以上の傷みが進行して後手に回らない間に対策をしようと、注文住宅を建ててもらった工務店に連絡をしました。

この年月の期間で工務店でも代替わりがあり、息子さんにゆずるようになっていました。

それでもかねてからの付き合いのある現会長も来てくださり、安心できる状況で外壁塗装に話が着々と進んでいきました。

外壁塗装をこの工務店に任せようと即断したのは、注文住宅として建てた工務店でしたし、その後も些細なことでもすぐに駆けつけて対応してくれていたからです。

その時々の仕事ぶりをよく見ていたので、仕事内容に十分に信頼を持てていました。もちろん外壁塗装の品質だけでなく、工事の金額もあえて他社の見積もりはとっていませんが、建築関係の仕事をしている方たちからすると妥当な金額だというので、気持ちよく工事をしてもらうことができています。

やはり年月とともにひびができはじめていただけでなく、発色も悪くなり出していたことが色見本で比べるとよくわかりました。

閑静な住宅街なので、突飛な色使いの外壁は調和を乱してしまいます。以前とほぼ同様のクリーム色を貴重にしながら、一部を木目を意識した配色でメリハリを付けてもらうことにしました。

注文住宅の築年数はそれなりに経過してきました。それでも気になるところはこまめに修理をして、今回のように後手に回らぬように外壁塗装もしているので、まだまだ見た目には新築に近い価値が保てています。

何よりも住むものとしていい住まいに住んでいるという実感を外壁塗装を終えていっそうするようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です