仙台にある弟の自宅の浴室をタイルの張り替えリフォーム

僕の弟は仙台に住んでいるんですが、新築で購入した建売住宅も15年もすれば、色々とリフォームの必要性が生じるものですね。

弟から先日リフォームについて聞いた話を紹介しますね。

室内では水回りがやはり汚れたり、傷んだりしやすいもので、そうした箇所を設備の入れ替えを含めて順次リフォームしたらしいんです。

その1つである浴室は、床タイルの張り替えと、浴槽周辺のシーリングの張り替えを業者さんにお願いたとのこと。

弟の家の浴室は、床に正方形のタイルが張られ、壁面は下半分が床面より大きな正方形のタイル張りで、壁面の上半分と天井は白いモルタルと言う構造です。そこにステンレスの浴槽が設置されています。

洗い場となる床のタイルは、安物だったためか、目地に近い周辺がすり減ったり、欠けたり、傷みがひどく、目地の黒カビも中々落ちず汚れていました。

また同じ様にタイルが傷まない様に、摩耗やチッピングが起こりにくい少し上等なタイルを張ってもらいました。

目地も黒カビの汚れが目立たない様に、グレーにしてもらいました。さらに、浴槽の周囲のシーリング剤の白い所に黒カビが生えて何度掃除しても落ちないため、一旦全部剥がしてこれも新しくしてもらいました。

浴槽に浸かって1日の疲れを取る時、周囲を見渡して何となく汚れが目立つのは効果が半減する気がしたものです。しかしこのリフォームをした事で、気持ち良く入浴できる様になりますね。

ところがある日、弟がじっくり見ると壁のモルタルにも細かいクラックが走っているのに気付きました。

側壁の塗装程度ならDIYで行った方が安上がりなので、自分で作業したらしいです。

最初に細かいクラックをパテで塞ぎ、乾燥後に紙やすりを掛けて平坦にし、塗るとまずい箇所に養生テープを貼り、ローラーと刷毛を使って白色の浴室用水性塗料を塗ります。

白さが増すと、さらに浴室は美しさを増した感じがします。塗料を塗っても、黒カビが生えると次第に汚くなり、3年に1回程度は塗り替えが必要との事ですが、この浴室の壁の塗装だけはDIYで頑張り続けようと思っています。

リフォームには何かと費用が掛かります。主なリフォームは専門家に頼るべきでしょうが、DIYで可能な所は自分でやるのも楽しくて良いものですね。

ただ、弟に聞くところによると、家の中のリフォームだけではなく、外壁塗装も剥げて来たりヒビが入っているみたいなんです。

外壁塗装工事はDIYという訳にはいかず、専門の塗装業者に依頼しなくてはいけません。仙台の塗装業者でどこがおすすめかを聞かれたので、参考になるサイトを紹介しておきましたよ。

この「仙台の外壁塗装※安心で安いおすすめの塗装業者は?」です。

外壁工事は手抜きがしやすくて、悪徳業者も多く存在するらしいです。上記のサイトでおすすめしているサービスを利用すれば、優良な業者から複数の見積もりがもらえるので比較して、いちばん安く工事をすることができます。

仙台で外壁塗装工事をしようかと思っている人は、いちどチェックしておくと良いですよ。

マイホームを長持ちさせるために外壁塗装の工事を依頼しました

建売住宅を購入して15年が経過したので、リフォームを行う事にしました。最初はダイニングキッチンの全面リフォームをしました。

システムキッチンの入れ替えを始め、壁や天井の全てを張り替えました。これは、建売住宅を購入した時から少し不満があったキッチンを優先的にリフォームさせてもらったものです。

室内では水回りを中心に少しづつ手を入れ、小規模なリフォームを何カ所か行いましたが、ダイニングキッチンのリフォームと並んで、大規模で費用を掛けたのが外壁塗装のリフォームです。

細かいクラックが入り、壁面を指でなぞると白い粉が着く状態で、塗膜が劣化していました。こうなると塗り替え時で、放置していると雨水が壁面から浸透して住宅の躯体を腐食させる恐れがあるので、他のリフォームは我慢して外壁工事を依頼しました。

外壁塗装のリフォームをするとなると、次にどこにお願いすべきか迷いました。自宅の外壁は、同時期に建てられら住宅よりも外観が綺麗な方で、クラックも大きなものはなく、住宅を建てた時に外壁塗装を担当した業者さんが良いのではと、主人と相談し、購入した不動産屋にその塗装業者さんを紹介してもらいました。

電話するとすぐに来てくださり、外壁の状態を確認し、打ち合わせをし、3日後には見積もり書を持参してくださいました。ネットで相場価格をチェックすると、決して高くはなく、信頼できるこの業者さんにお願いして施工してもらいました。

自宅の周囲には狭い路地もあり、足場を上手く組めるのだろうかと少し心配していましたが、さすがプロで狭い所にも上手に組まれており、感心しました。足場が組まれて2日目に塗装作業が始まりました。

業者さんは、それほど大きな会社ではなく、ご主人と従業員の2人で作業が進められました。高圧洗浄伊藤を利用して外壁の汚れを落とし、少し大きめのクラックにはパテで口を塞ぎ、その後に下塗りから3度の塗り工程が行われました。

薄いベージュ色の外壁はすがすがしく綺麗な出来栄えで、最後に雨どいを濃い茶色に塗って下さり、そのコントラストが一層新築同様の外観を感じさせてくれました。

その外観を見て、綺麗になった喜びと共に、これで終の棲家として長く住み続けられると思うと、ほっと安堵の気持ちも感じました。

今回は塗装業者さんがすごく良くて助かりました。外壁塗装工事はつくづく業者選びが大切だと痛感しました。

今回依頼した塗装業者はこのサイトで紹介していましたよ→外壁塗装札幌

もし、そろそろ塗り替えかな、と思ってる方は参考にしてくださいね。